人気ブログランキング |

アスパラガスの堆肥マルチについて

c0151898_2064230.jpg野菜を自分で育てようと思い立った理由の一つは,バターで炒めた朝採りの「親指大のアスパラガス」に塩をパラッとふって,食べたいということでした.
しかし,栽培を始めてから6〜7年も経つのに自分が考えているようなアスパラガスを育てられないでいましたが,昨年の農業研修でプロのコツを学びましたので,今期は大いに期待しております.
c0151898_2065842.jpgアスパラハムシ対策:秋期に茎葉が黄化したら株元から刈り取り(1㎝たりとも地上部を残さない),ムシが株元で越冬できないようにする.刈り取った茎葉は圃場の外に出し,乾燥後焼却する.
太い若茎を得るには:定植前の深耕と有機肥料(堆肥,ボカシ肥)の多施用(これでもかと言うぐらい多めに)により根を十分に張らせる.さらに,年2回の堆肥マルチで地上部からも栄養分を与える.
写真上;向かって左が生気のある新堆肥を載せた部分.向かって右が作秋の旧堆肥マルチ部分.
写真下;新しい生気のある堆肥ですっぽりと覆われて「新しい堆肥の掛け布団」を
                        掛けてもらったアスパラガスの畝.

by sfbokasi | 2008-03-29 20:23 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sfbokasi.exblog.jp/tb/8549051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。