<   2008年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ボカシ肥の完成と次の仕込み準備

c0151898_17284144.jpg3月9日に仕込んだボカシ肥が完成しました(写真上).
仕込み後約1週間,発熱が見られませんでしたが,その後順調に40〜50℃で発酵が進みました.26日頃から温度が下がり始め,30日には水分がすっかりなくなり,温度も外気温と同じになりました.
c0151898_17291154.jpg
ただ,発酵の途中で加水しなかったためか,「アミノ酸臭」に乏しいボカシ肥になりましたので,元肥用として使う予定です.

次の仕込みの準備として,大豆粕,骨粉と種ボカシを混ぜ,水を加えました(写真中).一方,菜種粕,米糠,魚粕とカニ殻は木箱の中で混ぜておきました(写真下).

c0151898_1730990.jpg明日,両者を混ぜ,水分を調整して仕込みが完了します.
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-31 17:38 | ボカシ肥と堆肥 | Trackback | Comments(0)

またまた野菜種入荷

c0151898_1241887.jpgカアチャンが野菜種を購入してきました.どこかで聞いた事がある「ほっこり姫」もあります.これからまだまだ入荷が続くと,カアチャンが言ってます.
俺:「そんなに,種買って来て,ウエットゴアンノガヤー」
カアチャン:「作付け計画,チャントタデタハズダベ」
俺:「ハイ,ソウデシタ」
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-31 12:43 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

ホウレンソウとチンゲンサイの種蒔きをしました

c0151898_19532611.jpgホウレンソウ:1号畑.舞茸床の隣.畝幅50㎝の植え床に市販の育苗用土を薄く播き,板で平らにした後,2条すじ蒔きによる時間差植え.1畝.(写真上).ビニールトンネルで保温(写真下).マルチせず.

チンゲンサイ:3号畑.玉ネギ畝の隣.畝幅50㎝の植え床に市販の育苗用土を薄く播き,板で平らにした後,2条すじ蒔き.2畝.ビニールトンネルで保温.マルチせず.c0151898_19533811.jpg
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-30 19:56 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

このごろ見た花

c0151898_1801873.jpg庭のクリスマスローズ:庭に地植えした場合,山形では12月ではなく,3月下旬に開花します.我が猫の額庭でも数日前に開花しました.けっして上を向かず,うつむいて咲くところが気に入ってます.カメラを花の下で上向きにしてシャッターを押しました.

c0151898_1803455.jpg散歩道のセリバオウレン:花の時期が終わりかけていますが,薮の中でこじんまりと咲いていました.
楚々とした佇まいの野草がいいですなあ.なかでも,「ウメバチソウ」は最も好きな野草の一つです.
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-30 18:03 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

アスパラガスの堆肥マルチについて

c0151898_2064230.jpg野菜を自分で育てようと思い立った理由の一つは,バターで炒めた朝採りの「親指大のアスパラガス」に塩をパラッとふって,食べたいということでした.
しかし,栽培を始めてから6〜7年も経つのに自分が考えているようなアスパラガスを育てられないでいましたが,昨年の農業研修でプロのコツを学びましたので,今期は大いに期待しております.
c0151898_2065842.jpgアスパラハムシ対策:秋期に茎葉が黄化したら株元から刈り取り(1㎝たりとも地上部を残さない),ムシが株元で越冬できないようにする.刈り取った茎葉は圃場の外に出し,乾燥後焼却する.
太い若茎を得るには:定植前の深耕と有機肥料(堆肥,ボカシ肥)の多施用(これでもかと言うぐらい多めに)により根を十分に張らせる.さらに,年2回の堆肥マルチで地上部からも栄養分を与える.
写真上;向かって左が生気のある新堆肥を載せた部分.向かって右が作秋の旧堆肥マルチ部分.
写真下;新しい生気のある堆肥ですっぽりと覆われて「新しい堆肥の掛け布団」を
                        掛けてもらったアスパラガスの畝.
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-29 20:23 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

1号畑に堆肥を運び込みました

c0151898_1630469.jpg昨日,50mほど坂を上った所にある4号畑の隅に,昨年から山積みにしている堆肥(牛糞+鶏糞+籾殻)を1号畑まで「ネコ(1輪車)」で運びました.今日,土に混ぜ込む予定でしたが,悪天候で先延ばしです.057.gif
これで,1号畑には500㎏の堆肥(5㎏/坪)と100㎏のボカシ肥(1㎏/坪)の他に適当量の牡蠣殻,籾殻燻炭,苦土石灰が全面散布され,耕起されることになります.
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-28 16:39 | ボカシ肥と堆肥 | Trackback | Comments(0)

野菜苗の鉢上げとキャベツのトンネル掛け

c0151898_1683413.jpg朝から当地は雪・みぞれ・雨降りの肌寒い一日です.文字通りの三寒四温といったところです.
セルトレイで育苗していた「ブロッコリー」と「ピーマン」の苗をポットに移し替え,畑のビニール小屋の中に置きました.
c0151898_169485.jpg同時に播種したものの,成長が遅れている「セルリー」と「ミニキャベツ」の移植は後日となりました.
畑で冬を越した「キャベツ」の成長を促す目的で,ビニールトンネルを掛けてやりました(写真下).
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-28 16:11 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

研修:ナス苗の接ぎ木とスイカ用台木(夕顔)の播種

c0151898_2111388.jpg2月22日に播種したナス苗の接ぎ木研修に行ってきました.
ナス苗の接ぎ木
・方法:タキイ式ピンつぎ法(写真下).
・台木:耐病VF台太郎苗の双葉の上約1㎝を安全剃刀でカットし,ピンを刺す(写真 上).
・穂木:真仙中長苗の双葉の上約2㎝を安全剃刀でカットし,ピンに刺し込み(写真 中),台木と穂木の茎を密着させる.
c0151898_21123053.jpgその後,育苗箱を湿度100%,気温28℃のビニールトンネル内で育苗管理する.
c0151898_2113751.jpg
スイカ用台木(夕顔)の播種
・培土:スーパー子床
・種子:FRーダントツ
・方法:トレイにすりきりいっぱいに培土を入れ,板で軽く押し付ける.板の厚さを利用して,約5㎜の深さの溝を作る.約2.5㎝の間隔で種子の方向を揃えて播種し,覆土後,鎮圧する(写真最下段).
・育苗箱をトンネル内に入れ,灌水(200ml/トレイ)する.その後,新聞紙で覆い,その上からも灌水する.
c0151898_21133957.jpg
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-27 20:38 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

晴耕雨読 ー有機無農薬栽培が可能なわけー

c0151898_203202.jpg午前中は歯医者,銀行,元の職場に用事があり,午後から予定していた1号畑へ堆肥を運び入れる作業は雨のため中止.
有機農法にはこれといった定まったやり方がある訳ではない.有機農法をしている人の数だけのやり方があるといってもいい.しかし,それらの方法に共通しているのは「土作り」である.チッソ,リン酸,カリの栄養素とミネラル成分を程よく含み,微生物叢が豊かな土が良い作物を作る.
発酵肥料はなぜ良い土を作るのか:
発酵微生物(コウジかび,納豆菌,乳酸菌,酵母等)が有機物(菜種粕,魚粕,大豆粕,米糠等)を 発酵という方法で分解する過程で,発酵産物(種々のアミノ酸,単糖類,ミネラル,ビタミン,酵素,ホルモン等)が生産される.
これらの発酵産物は第一に微生物のエサとなり,土壌中の微生物叢を豊かにし,その結果,土壌微生物の代謝産物としての種々のアミノ酸,単糖類,ミネラル,ビタミン,酵素,ホルモン等が土壌中に増加し,これらが野菜類の栄養分として吸収される.第二は発酵産物が直接野菜に吸収され,野菜の成長を促進すると共に,野菜のうま味を増加させる.
発酵肥料を施された野菜は細根が著しく伸長し,葉色が鮮やかになり,葉が肥厚し,糖度も上がる.微量要素欠乏や生理障害がなくなり,耐病性も強まり,無農薬栽培が難なくできるようになる.
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-26 20:06 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

今日は1号畑(約100坪)の耕起です

c0151898_17421857.jpgあちこちに採り残しの野菜があるところが,いかにも素人の畑ってカンジ.ハクサイやセイサイの花芽が食べたくて,廃棄できずにいます.
牡蠣殻,籾殻燻炭,苦土石灰,ボカシ肥(1㎏/坪)を全面散布後,管理機で3往復しました.時間と体力の都合で,堆肥(豚糞+鶏糞+籾殻)が未だ入っていません.明日の仕事です.
c0151898_17423026.jpg耕起の際の出で立ちは,「地下足袋」に限ります.耕起した畑の中をゴム長で歩き回るのはどうも好きではありません.
なんでも,始めるのが人一倍遅いのが山形の特徴ですが,「カエル」までが畑で冬眠中でした.ネボスケめ!
籾殻燻炭の中で,「ネズ公」が子育てチュウでした.カワイイやら,憎いやら.
c0151898_1752221.jpg
[PR]

by sfbokasi | 2008-03-25 17:57 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)