<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

レモンのその後

c0151898_13272574.jpg30数個の実をつけた我が家のレモンでしたが,現在までに残っているのは4個だけとなりました.株の大きさからして見ればこんなものでしょうか.「身の丈に合った結実」は自然の法則.
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-29 19:09 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

ミネラル・アミノ酸ボカシ肥ができたかな?

c0151898_13215416.jpg2月6日に仕込んで,途中で納豆と藻屑を加えて発酵させた試作ボカシ肥が完成しました.加えた藻屑が乾燥した物で,小さくカットしなかったので,アミノ酸はともかく,本当にミネラルが豊富なボカシ肥になったか否かは?ほとんど分解しない藻屑が散見される.
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-28 17:10 | ボカシ肥と堆肥 | Trackback | Comments(0)

恒例とは言え,憂鬱

c0151898_15332561.jpg他でもない,確定申告です.
昨年は3月に退職しているので,給与,年金等の複数の所得があり,ちょっと面倒.
退職後に年金として受け取るべく,現職中に積み立てていた年金(俺の預金だ)にも課税されるって不合理だべ.お上は取りやすいところからはガッチリ税を吸い取るくせに,巨大法人には減税だと013.gif.庶民が払った血税でカラオケセットやマッサージチェアとか,買うんじゃないぞ!それから,キツネやタヌキは舗装道路は要らぬと言ってるぞ031.gif
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-27 15:40 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

今日の昼食は豆餅

c0151898_1052839.jpg昨日から3月3日までの8日間,カアチャンがいません.訳は後日判明します.
食べる人(私とワン公)だけが残されてみて,食事を作る人の日頃の苦労を感じています.部屋と風呂の掃除は my business ですが,三度の食事のメニューが気になって困ってます.
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-26 10:53 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

2月6日仕込んだボカシ肥はどうなった?

c0151898_10461878.jpg目下,42℃をキープして順調に発酵を続けています.
仕込み19日目の今日,新しい試みとして,全量40㎏のボカシ肥に対し,海藻(乾燥藻屑;約10g)と納豆(市販品80gを1ℓのお湯でかき混ぜたもの)を加えました.海藻はミネラル分の補給,納豆(バチルス菌)は蛋白質分解酵素とセルロース分解酵素の補給が目的.これからさらに一週間,発酵を続ける予定.これで,アミノ酸とミネラル分が豊富なボカシ肥ができるハズ.
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-25 10:49 | ボカシ肥と堆肥 | Trackback | Comments(0)

12日に播種した野菜たちはどうなった?

c0151898_1232025.jpg地温と気温のコントロールがうまくいかず,成長がイマイチ.
先ず地温を上げるべく,「電気カーペット」を使うことにしました.
カーペットの上にビニールシートを敷き,セルトレイを発泡スチロール箱から取り出して,その上に並べました(手作り温床;我が家はなんでも手作りだなあ).
夜間の気温低下を防ぐべく,セルトレイの上にビニールを掛けました.これで,地温26℃と気温20℃がキープできそうです.
ミニキャベツとコマツナの「モヤシ状態」は日照不足が原因(農大のO先生談)だそうで,軸の部分を土の中に押し込み,覆土を追加してみることに.フウーッ.
ちなみに,ピーマンは未だですが,セルリーが発芽しました.
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-24 12:12 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

乾パンって,やっぱりパンかあ?

c0151898_14102910.jpgカアチャンが食いたいと言うので,あの非常食用の乾パンを作ることに.
レシピを探したが,ネットでも手元にある成書でも見つからない.エーッイままよと,勘を頼りに作成開始.そして見事に失敗.
乾パン作りのレシピ探してまーす
写真上:ホットケーキの素200g,オリーブオイル小さじ1,水大さじ4をよく捏ね,成形後180℃で約10分焼いた.香料と甘さが強すぎるのと,サクサクし過ぎてNG.
写真下:中力粉200g,オリーブオイル小さじ1,塩小さじ1,黒ゴマ少々,水大さじ6をよく捏ね,成形後180℃で約10分焼いた.ショッパイのと色が白過ぎてNG.

c0151898_14104097.jpg後になって,乾パンの販売会社のHPを見てたら,原材料の一つに「イースト」が使われているじゃないか!パンならカアチャンの仕事ダベ,俺に作らせんな!
ちなみに,失敗作を油で揚げたら結構食べられるモノになりましたよ.
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-23 14:17 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの野菜研修

c0151898_20124197.jpg1ヶ月ぶりの研修が新庄市の農大でありました.新庄市の積雪量はハンパじゃなく,農大の構内は除雪で出来た雪のやまが回廊をつくり,さながら迷路を歩いているようでした.
研修の内容は,「タラの芽」と「ウルイ」の収穫および「ナス」とその「台木」になる茄子の播種でした.
温室・水耕栽培の「タラの芽」(写真;左上)は私のポリシーとしては?ですが,温室・軟白栽培の「ウルイ(春こい菜)」(写真;左下)は食味がバツグンで,049.gifでした.
播種で勉強になったのは,種を植える深さ及び覆土の厚さとその後の鎮圧の重要性でした(写真;右下).2008年2月22日撮影
c0151898_2013680.jpg
c0151898_20134751.jpg

[PR]

by sfbokasi | 2008-02-22 20:17 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

プライベート部屋が育苗室へ?

c0151898_1158395.jpg2月12日の播種から1週間経過しました.2階の我が書斎が育苗室になっています.
セルリーとピーマンは未だ発芽してませんが,他の4種は発芽しました.ところが,①生育の遅延と②モヤシ状態での生育(写真;中)という2つの問題が発生しました.
対処:①については,セルトレイを入れた発砲スチロール箱を薄いビニール袋に入れ,夜間の温度低下(17℃くらいまで低下する)を防ぐことにしまc0151898_11585922.jpgした.
②については,土表面と発砲スチロール箱のふちまでの距離がありすぎたのか日照不足かも知れませんが,原因不明です.厳寒期の室内での育苗は無理なのかなあ.
2008年2月20日撮影c0151898_11591255.jpg
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-21 12:10 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)

雪融けが待ち遠しい

c0151898_16303283.jpg今日の山形はよい天気で,最高気温が6℃まで上がりました.
土中に埋めておいた青首ダイコン,ビタミン大根,聖護院カブを掘り出しました.今日の暖かさで畑の雪の固さが心持ち緩んで来たようですが,畑には未だ20㎝以上の積雪があります.少しでも早く「土の顔」が見たくて,スコップで雪を退けてみました.雪の下敷きになっていたクレソンが健気にも生きておりました.
2008年2月20日撮影

c0151898_16313100.jpgc0151898_16312171.jpg
[PR]

by sfbokasi | 2008-02-20 16:34 | 野菜たち | Trackback | Comments(0)