冬期だけ出現するビニールハウスもどき

c0151898_17543966.jpg←ミニカボチャの立体栽培に使用した支柱を利用した「ビニール小屋1」

今年はガーデンレタスミックスと島ニンジン・越冬ニンジンがこの中で育っています.

c0151898_17545332.jpg←大きめのトンネルと称すべき「ビニール小屋2」
中ではアスパラ菜が育っています.

どちらも畑が雪に覆われた時期に新鮮な野菜を提供してくれるので,重宝してます.

野菜には陽の光を、ブログには応援のクリックを↓
人気ブログランキングへ
[PR]

by sfbokasi | 2010-11-16 17:56 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://sfbokasi.exblog.jp/tb/15465502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nana at 2010-11-16 22:53 x
このビニールハウスは自家製ですか?扉はご自分で取りつけられたのですか?このようにしておけば雪の冬にもレタスやアスパラ菜が採れるのですか?
Commented by sfbokasi at 2010-11-17 10:29
nanaさんへ:
扉は義弟(日曜工作家)の作品ですが,全て自家製です.
作り方は極めて簡単です,なにせ「モドキ」ですから.
畑一面が雪で覆われている中で,新鮮野菜が収穫できますよ.
ただし,2月ころに始まる播種と育苗に必要な温度の確保が難しいので,そのためには使えないようです.